富田林市スポーツ推進委員協議会


トップページ >> ジュニア > > 活動記録
■ジュニアスポーツリーダー スクール活動記録
  平成19年度の活動記録です。


● 3月9日(日)
【閉講式】
 平成20年3月9日 (日)平成19年度ジュニアスポーツリーダースクール 閉講式を実施しました。

 閉講式に先立ち、一年間の総決算として文部科学省「新 体力テスト」の実施要項にそって体力測定会を実施しました。
ジュニア閉講式

 まずは準備運動です。
向かいあった2人がバランスをとっている間にすばやく後ろの2人が移動します。

 体力測定は「握力」「上体起こし」「長座体前屈」「反復横とび」「立ち幅とび」の種目を班ごとに測定しました。
ジュニア閉講式
ジュニア閉講式


 そして最後に全員で「20メートルシャトルラン(往復持久走)」を実施。結構疲れました。

 体力測定会終了後、閉講式を開催し、一年間一度も休まなかった人には皆勤賞、その他今年度継続して実施してきた「離合集参行動」で一番優秀だった班に記 念品の贈呈などが行われました。
ジュニア閉講式
ジュニア閉講式


 今回で一年間のジュニアスポーツリーダースクールの全スクールが終了しました。

参加者の皆様お疲れ様でした。そして来年度また元気にお会いしましょう!

● 1月20日(日)
【冬山登山】
 平成20年 1月20日 (日)金剛山での冬山登山を実施しました。

 今回の登山の参加者約100人は、午前9時に総合体育館に集合してバスで金剛山に向かいました

冬山登山
 金剛山の登山口から山頂を目指して登りましたが、山頂までは雪はほとんどなく、比較的楽に登ることができました。

 山頂付近で一旦集合して、キャンプ場まで移動して、昼食としました。
 キャンプ場では富田林市野外活動協会の方々が豚汁を用意して待っていてくれました。
冬山登山
冬山登山

 小雪が降る中での昼食となりましたが、温かい食べ物がしみわたります。


 帰りは久留野峠からロープウエイ乗り場までのルートを下りましたが、こちらは一面の雪景色で登りとはうってかわって足元がおぼつかなくなり、途中でアイ ゼンを履いての下山となりました。
冬山登山
 ほぼ予定通りに下山して、全員無事に総合体育館までバスで戻りました。当初懸念されたほど悪天候にもならず、良い登山となりました。

参加者の皆様お疲れ様でした。

● 1月11日(金)
〜13日(日)
【スキー実習】
平成20年1月11日(金)〜13日(日) ジュニアスポーツリーダースクール「スキー実習」が長野県北佐久郡蓼科町 白樺高原国際スキー場にて開催されました。

スキー実習

 市民総合体育館を金曜日の夜11時に出発して翌朝蓼科町の宿舎に到着しましたが、朝からあいにくの雨でゲレンデには出られませんでした。そのため午前中 はスキー講習会として、うまく滑るためのコツやその理論を教えていただきました。



 午後からは降っていた雨も雪に変り、いよいよゲレンデで実習を行うことになりました。
スキー実習
スキー実習



 半日の実習を終えて宿舎に戻ると、宿舎では、あつあつのお鍋を用意してくれていました。

 夕食を食べてから、みんなで白樺高原キャンドルナイトに出かけました。
宿舎となっている蓼科荘でキャンドルを入れたランタンを受け取り、蓼科園地の星降る広場まで歩きます。
 とても寒かったですが、雪とキャンドル、電飾の光がとても幻想的でした。ゴールの星降る広場では甘酒と蓼科リンゴを頂きました。
スキー実習
スキー実習


2日目は初日とはうってかわって快晴の天気となり、絶好のスキー日和でした。少しずつスキーにも慣れてそれぞれの班でしっかりスキーを楽しみました。
スキー実習 スキー実習


スキー実習

 2日目の午後3時にスキー実習を終えてバスで富田林への帰路に着きました。今回は道路事情もよく、ほぼ予定時刻通りに帰ることができました。
 受講者の上達は目覚しく、講師陣も驚くほどでした。また来年も参加して下さいね。


● 12月9日(日)
【スキー実習説明会】
 平成19年12月9日(日)ジュニアス ポーツリーダースクール 体力作り講習会およびスキー実習説明会を開催しました。

体力作り&キャンプ説明会

 今回は1月のスキー実習に備えて体力作り講習を実施しました。

 講習に入る前のウォーミングアップとして、みんなで鬼ごっこをやりました。オレンジ色の帽子をかぶった人が鬼です。

これが..なかなか捕まりません。




 軽いストレッチのあといよいよ講習開始です。
体力作り&キャンプ説明会
体力作り&キャンプ説明会





まずは先生の見本でやり方を覚えます。



 しかし..なかなか思ったたとおりにはいきません。
体力作り&キャンプ説明会
体力作り&キャンプ説明会



「はいポーズ!」


 今回の体力作りメニューは自宅で実施して、記録表はスキー実習当日に持ってきてください。




 体力作り講習会の後はスキー実習の説明会がありました。

 みなさん風邪などに注意して元気にスキー実習に来てくださいね!
体力作り&キャンプ説明会


● 10月28日(日)
【ハイキング実習】
 平成19年10月28日(日)ジュニアス ポーツリーダースクール ハイキング実習を開催しました。
ハイキング

午前8時30分にJA大阪南川西支店に集合。前日の雨もすっかり上がり、絶好のハイキング日和となりました。

JA大阪南川西支店を出発し、近鉄川西駅から河内長野駅で南海電車に乗り継いで天見駅に向かいます。
ハイキング
ハイキング

天見駅でトイレ休憩をはさんで、会長のあいさつの後、ハイキングを開始しました。

天見駅から千早口駅方面へ向かう遊歩道沿いには南天の木に赤い実がいっぱいなっていました。
ハイキング
ハイキング

千早口駅から倉掛トンネルを越えて、延命寺に向かいます。


延命寺では紅葉の時期には少し早いですが、ちらほら色づき始めた木もありました。
ハイキング
ハイキング

昼食後、全員で記念撮影をしました。
帰りの道は少し汗ばむ陽気でしたが、全員無事に出発地点のJA大阪南川西支店まで戻り、2時30分に解散となりました。
全行程約10Kmのハイキングでしたが、怪我もなく全員完歩できました。少し疲れました が、秋を満喫した一日でした。

● 8月4日(土)〜
8月6日(月)
【キャンプ実習】
 平成19年8月4日(土)から6日(月)にかけて国立淡路青少年交流の家(兵庫県南あわ じ市)にてジュニアスポーツリーダースクール サマーキャンプ実習を開催しました。今回は台風5号が接近する中での出発になりましたが、近畿地方では心配 していたほどの荒天でもなく、予定通り8月4日早朝に市民総合体育館をバスで出発し、お昼には国立淡路青少年交流の家に到着しました。
07サマーキャンプ
台風の余波のためキャンプのプログラムを一部変更し、昼食後は砂の造形にチャレンジしました。その日の夜には海ホタルの観察、星空観測を行い、普段見られ ないきれいな海ホタルの輝きや星空に驚きの声を上げました。
 2日目の午前中は野外炊飯、午後はホステリング(自分たちで考えて行動する旅)を実施し ました。野外炊飯では薪でご飯を炊いて、にくじゃが丼を作りました。さらに今回は初めて手作りバターにも挑戦しました。牛乳と生クリームを入れたペットボ トルを振り続けるとバターができあがります。それを使ってジャガバタにして食べましたが本当に美味しかったです。
07サマーキャンプ
07サマーキャンプ


また2日目の夜はキャンプファイヤーで大いに盛り上がりました。
07サマーキャンプ
 3日目には5年生以上はカッター(オールをもって漕ぐ小型艇の一種。訓練用として使用さ れています。)、4年生は海水浴と海洋プログラムに挑戦しました。
07サマーキャンプ 07サマーキャンプ
07サマーキャンプ

昼食後、それぞれの思い出を胸に国立淡路青少年交流の家をあとにして、富田林への帰路につきました。
 今回のサマーキャンプ実習では参加者68名を10班に分けて、それぞれの班ごとで活動を 行いました。班での協力や集合時間を守るなど基本的な行動はできていたと思います。このような活動を通じて異年齢の中で自分の役割を自覚してリーダとして 積極的に行動できるようになってもらいたいと思います。
【キャンプ中の各種目の結果】
「砂の造型」
1位:8班、2位:3班、3位: 6班、4位:1班10班、6位:5班、7位:7班、8位:9班、9位:2班4班
「ホステリング」 1位:2班、2位:5班、3位: 10班、4位:4班、5位:1班6班7班、8位:8班、9位:9班、10位:3班




● 7月16日(月祝)
【キャンプ実習説明会】

平成19年7月16日(月祝)ジュニアスポーツリーダースクール
キャンプ実習説明会を開催しました。
キャンプ説明会
いつもの集合離散の練習をした後、準備運動として、軽いランニングと何点かで体を支える運動?をしました。

※写真は5点(足×2、手×2、頭)で支えているところです。


準備運動のあと、キャンプでも実施するロープワークの練習をしました。
こんかいは「もやい結び」を教わりました。
キャンプ説明会


キャンプ説明会 キャンプ説明会
ロープワークで全員「もやい結び」ができるようななったところで、体育館の2階に張った ロープを渡ることに...今回はじゃんけんで女子1名、男子1名が挑戦しました。
見ている方がヒヤヒヤしましたが、案外本人達は楽しそうにロープを渡っていました。
キャンプ説明会

ロープワークの次にはシニアリーダーによるレクリエーションゲームを行いました。

最後にキャンプ実習の説明がシニアリーダー、体育指導委員の方からありました。

 ジュニアスポーツリーダーのみなさんは元気にキャンプに参加できるように体調を整えておいて下さいね。
キャンプ説明会



● 7月16日(月祝)
【野外炊飯実習】
キャンプ実習説明会のあと、キャンプでの野外炊飯に備えて、シニアリーダー及び中学生リー ダーによる野外炊飯実習を富田林市青少年教育キャンプ場で実施しました。
野外炊飯実習

この日のメニューはにくじゃが丼と手作りバターによるじゃがバタです。
 手作りバターはペットボトルに 生 クリームと牛乳を100ccずつ入れてひたすら振ります。すると少しずつバターができあがります。
温かいと固まりにくいので作る前に冷やしておくことが大事です。
野外炊飯実習
野外炊飯実習

にくじゃがを調理しているところです。


出来上がったにくじゃが丼です。
なかなかの味でした。
野外炊飯実習
野外炊飯実習

←じゃがバタです。手作りバターはとても美味しかったです。
今回の実習の結果、にくじゃがは少し調理が難しいと感じました。
キャンプでは、にくじゃがより少し簡単な料理を検討することになりそうです。



● 6月17日(日)
【グループワーク】
 平成19年6月17日(日)ジュニアスポーツリーダースクールグループワークを実施しま した。
 今回は集合離散の徹底とゲーム(空き缶積み、輪投げ、ディスクゲッター、スカイクロス、キムスゲーム(30種)、フリースロー、キックゲッター、縄跳 び、スポーツ吹き矢、雑巾がけリレー)により、ビブスにつけるゼッケンの色を選べる優先権争奪戦を実施しました。
(10種目の競技と集合離散の順位により、1位→10点〜10位→1点とし、総合点にて決定)
JSLグループワーク

【空き缶積み】

(1分間で何個積むことが出来るか)出来るだけ高く積むために、支えたり、脚立を利用したり、工夫しながら協力し合っていました。

【スカイクロス】

正式ルールではありませんが、コーンに入れば5点、当たれば1点。入った人は、いませんでした。
JSLグループワーク
JSLグループワーク

【フリースロー】

バスケットボールの投げ方もわからない子どももいましたが、体指の先生や、シニアリーダーに教えてもらいながら取り組んでいました。

【キックゲッター】

蹴るボールが、軟らかいので、うまくコントロールできず、苦労していました。
JSLグループワーク
JSLグループワーク
【スポーツ吹き矢】

しっかり的に当てるには、腹筋と呼吸法がしっかりしていないといけません。一人2回ずつ練習した後、本番に臨みました。気持ちを集中させて、一吹き!当た ると、得意顔でした。


各ゲーム終了後、シニアリーダーにより、「人間知恵の輪」に取り組みました。
JSLグループワーク
 集合離散は、回数を重ねるごとに早く綺麗に整列できるようになってきました。各班整列の 報告の際、班長は、報告担当のスタッフの前にまっすぐ並んで報告するよう指導したところ、迅速に行うことが出来ました。一日の短い間でも、成長の兆しが みえました。一年の間にどれだけ、成長できるのか楽しみです。
 今回、スタッフが少なかったのですが、シニアリーダーが各班に分かれて担当してくれました。4年生でもリーダーシップを発揮している子どももいますし、 中学生でもなかなか意見をいえない子どももいますが、シニアリーダーや班長の行いを見習って、それぞれに成長してくれることを願います。
JSLグループワーク


● 4月15日(日)
【開講式】
 平成19年4月15日(日)ジュニアスポーツリーダースクールの平成19年度の開講式を 実施しました。
ジュニア開講式 開講式ではシニアリーダーや体育 指導委員の紹介、今後の活動の説明などがありました。

 開講式の後、基本のラジオ体操を行い、各班で一年間の活動を行うにあたり、スムーズにコミュニケーションがとれるよう、イニシアティブゲームを実施しま した。

【インパルス】

はじめは、手をつなぐ事を嫌がる?恥ずかしがる子どももいました。伝達する役、伝達を受け取る役、最後にボールをつかむ役を担ううち、熱が入った戦いに なっていきました。
ジュニア開講式
先頭の人がコインを投げて、表がでたら手を握って信号を送ります。
ジュニア開講式
輪になってフラフープを移動させます。

【ループリレー】

大きな輪のフープで要領をつかんだ後は、小さい輪のフープにチャレンジ。大きな体の中学生リーダーは、四苦八苦でした。

【レンガ】

 レンガから落ちずに、無言で背の順番に並んだり、声に出して誕生日の早い人順に並んだり。コミュニケーション術を発揮して、なかなか、うまく出来まし た。
ジュニア開講式
レンガ(木片で代用)の上に乗って落ちないように 移動していきます。
ジュニア開講式
クイズに場所を示すヒントが隠れています。全員で 協力して回答を作り上げます。

【体指の先生はどこでしょう?】

声に出して自分の情報を伝えて、班の情報にまとめ上げて行く。一番に完成した班の班長のコメントは「みんな頭が良かったから」でした。

【集合・整列・報告動作】

 基本は、整列から。ジュニアの集合体系を指導し、何度もいろんな場所に、整列の体系を作るよう練習しました。はじめは、時間がかかっていたのに、やる度 に時間が短縮され、きれいな体系に整列できるようになりました。
ジュニア開講式





<<戻る



Copyright(c)2006-2012.Tondabayashi City Suports promotion Committee.All rights reserved.